ヤミ金の金利

ヤミ金の金利というのはどのようになっているのでしょうか?
わが国ではお金を貸す際に契約する際の法定金利の上限というものが決められており、それ以上の金利でお金を貸すということは明らかな法律違反であるのです。
しかしながら、ヤミ金というのはもぐりの金融機関であるので、法定金利の上限が守られないことが一般的なのです。
よく言われるようなトイチやトサンなどといった、想像をはるかに超えるような金利でお金を貸し付けて、その返済を求めていくのです。
高金利での貸し付けの場合には、利息を返して行くだけでも非常に大変なことに成ってしまうのです。
といっても、高金利での貸し借りは、法律で禁じられていることであるので、貸し借り自体が無効なことに成ってくるのです。
つまりは、お金を返済する義務がないのです。
ヤミ金に対しては、お金を返済しなくもいいのですが、ヤミ金は非常にたちが悪いところがあるので、返済をしないといってもらちが明かないのです。
もちろん警察もよほどのことが無いと助けてはくれないのです。
一人で交渉することは非常に危険なことであるので、必ずヤミ金と交渉する時には法律のプロを味方につけておくことが肝要であるのです。
法律のプロであればだれでもいいという訳ではないのです。ヤミ金問題をこれまで多く手掛けてきて、ヤミ金とどのように交渉していけばよいか熟知している法律のプロに頼んで解決をしていくのがベストな方法であるのです。

ガス止められた