4歳と0歳

この前、娘に『ママも!』と誘われて、

私も久しぶりにブランコに乗った。

キラキラした表情で、

一生懸命に漕ぐ娘を隣にしたら、

なんか私も負けまいと、

力が出た。

娘『ママー!みてー!空まで行けるかなぁー!』

子供の頃、私もお母さんに聞いたことあるなぁ。って思った。

お母さんがなんて言ってくれたかは正直覚えてないけど、

きっとそのとき夢を壊さずにしてくれたから、今、娘にも

『よし!頑張れ!そのまま、力いっぱい!』

って、言えたんやと思った。

色んな場面で大事なのは、その発言や行動をした、その瞬間の子供の気持ちやと私は思う。

そのとき、周りからどのように対応されたか。今の場面なら、私がどんな言動を取るかが、子供が小さい間は結構重要かなって思う。

実際、空まで届かなかった。でも娘の表情のキラキラは止まらなくて、それどころか、いつか届くかも!と、そう思ってるからか、届いた先のもしもの未来の話をたくさんしてくれた。

親を求めて、どうなんだろう、なんでなんだろうと思い、学んでいるとき、結果がどうであれ、発言や行動を見てもらっていることを確認できることが、少しでもその子の力になると思う。

育児なんかに正解はないけど、こうかな?間違ってないかな?と迷いながら、子供達のことを考え、そんな毎日を送る周りのみんなには愛情が溢れてるなって本当につくづく感じる。

育児に限らずやけど、間違ってるとか、間違ってないとか、それは正直わからんけど、考えてるか、考えてないかでは、大きく違うから。

偽りを知らないまだ小さな子供達は目の前に起こることが全て真実。

大事なこと、それは、そのとき、その人によって、違うと思う。

だからこそ、今のそのときを大事にする。

ついバタバタ追われがちな育児。ゆっくり落ち着いたら、無理して頑張れなんて誰も言ってない。

ふと自分を振り返ると、怒ってばっかりやな、かまってあげれてないなとか、誰でも思うことやと思う。私はそう思ったら、洗い物なんて後回し。子供を見下ろさず、同じ目線に座り、話をいっぱいする。

子供の話を聞いてみたり、自分の話をしてみたり。凄く楽しいです。

色々気づかせてくれる娘にはいつも感謝してる。育てているという感覚になってしまいがちな育児を色々気づかせてくれる育自だと、思えるのも娘のおかげ。

私が泣いているとハンカチを持ってくる娘。

私が笑っていると一緒に笑ってくれる娘。

小さな手のひらで、
私の手をつつみ、
キラキラした瞳で
私を見つめ、

ママ、聞いて聞いてと求めてくる

この子の気持ち心から大事にしたいって思う。

『ママの笑ってる顔、大好き!』と言ってくれて
『ママのようになりたい』と言ってくれる娘のためにも、これからも楽しんで学びながら毎日過ごそう。