2歳の女の子

子どもを産んでからは自分にとって良い意味でも悪い意味でも驚くことの連続でした。

産まれたばっかりの赤ちゃんはとても小さくてでも意外と力強くて新生児でもオムツを替える時は足で蹴られまくるので必死でした。

家事と育児の両立が上手くできずイライラしたり…主人に八つ当たりしたり…最初はなかなか気持ちに余裕がなくいっぱいいっぱいでした。

今から考えれば家事なんて少々手を抜いたって死にはしないんです!

だいたいでいいんです。そう!適当で十分なんですよね。

首が座って少しずつ外の空気に触れさせようと外に出ればたくさんの人に声をかけてもらえましたが、

中には育て方をいきなり注意してくる方なんかもいらしたりして…産後うつになるかと思うくらい気が立ってしまいました。

それでもやっぱり子育ては楽しい事の方がたくさんあります。

初めて寝返りを打ったこと、お座りができたこと、立っちができた日、歩いた日、しゃべった日どれも今まで生きてきて感じた事のない幸せです。

子育てしながら、自分の親もこんな気持ちで私を育ててくれたのかなと思うと今まで以上に感謝の気持ちと両親を大切にしたいと思うようにもなりました。

今、娘はイヤイヤ期の真っ最中で何をしても何を言ってもイヤイヤ…

叱ればどこであろうと関係なく大泣きして外出先で困ってしまうこともしばしば…

時には白い目で見られてしまうこともありますが、外で娘が泣いているとご近所のおじさんが一緒に手を繋いで歩いてくれたり、

がんばれ~!と、励ましてくれたり…娘が産まれてから周囲の方にたくさん助けられて今があります。

あんまり激しくイヤイヤされると産まれたばっかりのただ泣いて寝転がってるだけだった娘が少し恋しい気もしますが、

自己主張が出来るようになりいろんな事に興味を持って目を輝かせている娘を見るともっともっと楽しいことを体験させてあげたいなと思います。

だって、イヤイヤ言いながらも毎日一緒に過ごせる時間なんてきっとあっという間に過ぎてしまうから。

今は大変だなと思う時があってもきっとこの先1番幸せな思い出になるんじゃないかなと思っています。

思いっきり抱きしめて大好きだよと伝えると娘も力強くて 抱きしめてママ大好きと言ってくれます。

どんなに疲れていてもこの一言でまたがんばれちゃうから不思議ですよね。

これからもいつまでママが1番でいられるのかな?いつまで抱きしめてくれるかなと思いながらかけがえのない時間を大切に子供と向き合っていきたいと思います。