0歳3ヶ月

子供が生まれてもうすぐ3ヶ月になります。正直、こんなにも大変だとは想像もしていませんでした。妊娠中、特に臨月はお腹が重くて重くて早く出ておいで~!と何度も何度もお腹に向かって語り掛けましたが、今となってはお腹の中に戻したいと思ってしまうほどです。

一日のはじまりは息子の鳴き声から。「ほぇ~ん、ほぇ~ん!」とおっぱいを求めて泣き始めます。もうすっかり慣れてきた授乳。お腹いっぱいにさせたらそのままそっと寝かしつけて家中を掃除。昨日の残りの洗い物、主人のお弁当を用意して朝ごはんの支度。洗濯回して干して…と思ったらまた「ほぇ~ん、ほぇ~ん!」なぜか目を覚ましてしまった息子はご機嫌斜め。眠たいのに眠れない様子。あぁ~寝ている間に済ませようと思っていたのに。家事を一旦保留し、息子を抱っこ。「おんぎゃ~、おんぎゃ~!」もうすぐ6キロになる子を毎日抱っこで腰、肩、腕はぱんぱん。眠りを誘うように足ふみしながらの抱っこ。家事を終わらせなきゃ。お願いもう少し眠っていて…背中をとんとん、ゆらゆら。そうこうしていると、なんだか焦げ臭い…トーストを焼いていたのを忘れていた!息子が家にやってきて何枚のトーストを灰にしたことか…「おんぎゃ~、おんぎゃ~!」どうしたの?どうしてほしいの?どうしたらいいの?困る私を尻目に今日も主人はコーヒーのみで出勤していく。待って~私も連れて行って、置いて行かないで…泣き声の渦に巻き込まれたまま閉じ込められた気分になります。

いつになったら落ち着いてくれるのだろう。
いつになったら開放されるのだろう。
どうして泣いているの?泣かないで…泣きたいのはママのほうだよ…

心も体も疲れ果て、くじけてしまいそうになった時、息子が生まれた日の日記を読み返してみる。

一生懸命、命がけでママとパパのところに出てきてくれたね。
10ヶ月間お腹の中にいたのはこの子だったんだ。
はじめての赤ちゃん。こんなにも小さい。ふにゃふにゃで愛おしい。
か弱くて力強い。わくわくして眠れなかった。はじめての抱っこ。はじめてのおっぱい。
息子が生まれた日、人生で一番痛かった。
でも人生で一番幸せな気持ちになった。

入院中、赤ちゃんが母乳を飲む前の体重と、飲んだ後の体重を比べてどれくらい飲めているのか量る。あんなに必死に必死におっぱいをくわえて全身を駆使して一生懸命吸ってやっと10g。たったの10g。
ほんの10gだけど飲んでくれた実感がわいてとってもうれしかった。それと同時にふと思った。この子はこうやって10g、20g、30g。少しずつ少しずつ大きくなっていく。これから先、どんどん大きくなって、当たり前だけど、生まれたての感動の瞬間の小さすぎて軽くて抱っこするのも怖いくらいの赤ちゃんには二度と戻らないんだと思うと、成長の早さにうれしいけど寂しい、なんだか複雑な気持ちになった。

たくさん泣いてママを困らせて抱っこじゃないと眠れない甘えん坊な息子。今もすこしずつ成長している息子。この子の成長を一瞬たりとも見逃したくないと思った。いつまでだっこさせてくれるかな?いつまでママの胸の中で眠ってれるかな?そう思いながら今も息子を抱えながらこの記事を書いています。

男の子

初めての育児に毎日奮闘しております。息子は2ヶ月半になりました。生後間もない頃からよく笑う子なのですが最近はあやすと笑うようになりますます可愛らしさが増してる気がします。産む前は赤ちゃんはか弱くて大事に大事にしないと壊れてしまうような存在だと思ってました。
産んでみて感じたのは赤ちゃんも一人の人間なんだと言うことでした。
確かにか弱いのだけどしっかり意思があって主張して手も足も自分と変わらない(当たり前なのですが)…なんというか良い意味で思ってたのと違う感じです。
きちんとお母さん頑張らないと見透かされるような…新米ママしっかりしないと??って気合いが入る感じです。
泣くとすぐお乳を咥えさせるのですがお乳の出が悪い時があって、以前はミルクも混合で飲んでくれてたのに最近は嫌がって飲んでくれないのが悩みです。
丸々してるし特に機嫌が悪い日もないので足りているとは思うのですが、乳首が痛い時でも咥えさせなくてはいけないとか肩こりや腰が痛くなるのがつらいです。
たまに実家に帰ってあやしてもらったり気分転換させてもらってはいるのですが、平日は日中引きこもって二人きりなのでたまにイラッとしてしまいます。
旦那がもっと協力してくれたら…と思うことも多々あるし、それでも仕事でクタクタになってる姿を見るとあまり口やかましく言うこともできず…息子の笑顔がなければ泣いて逃げ出しそうでした。
首がもうすぐ座りそうで寝返りももうすぐできそうなので先日洗濯を取り込んでる最中に転げてうつぶせになって苦しがっていてビックリしました。
初めてのヒヤリハッとで『ごめーん??』って急いで駆けより起こしました。
まさかの自体でしたが泣く事もなく?ー?ー言ってただけなので少しホッとしました。
足の力も強いのでベルトなしだとハイローチェアからずり落ちてきそうだしだんだん目が離せなくなってきてる?ハイハイとか始めたら更にとんでもないことになるのでは…と今からドキドキしています。
抱っこも大好きなので腕が腱鞘炎みたいになってしまって、これからますます大きく重たくなるのに腕がもつのだろうか心配です。
お乳がよく出るとか筋肉がよくつく食事をするようにすればいいのでしょうが食事を摂るのもあやしながらでいかに素早く終えなくてはと焦るのでなかなか難しいです。里帰り出産ではなかったのでしばらく実家に帰っていれば良かったのかなと今更後悔しています。
1番大変だと言われる時期を乗り越えたのでこれからも息子の笑顔に励まされながら頑張って一緒に成長していけたらいいなと思います。

二人とも女の子

子育ては我慢。部屋は片づけても片づけてもキリがないし、やりたいことはやれないし。ゆっくり食事もできず、お風呂も入れず、自分のための時間なんて無いに等しいです。それを望む自分を責めたりもする。「ゆっくりしようなんて思った私がいけないんだ。自分の時間が欲しいなんて考えたからイライラするんだ」と。
そんな中、主人が仕事から帰宅して、また夕飯準備がはじまったりしてさらにバタバタ。主人はテレビを観ながら食事が出てくるのを待つだけなんて、、、。ほんとに不公平!!と、どこにもやり場のないイライラを帰宅直後の主人にぶつけたり。
毎日同じことを繰り返して、私ってなんだろうと思う。
食事なんて一番大変でいやな時間。まずテーブルには並べられない。置いたとたんにひっくり返される。毎回やられて、気を付けているつもりでも、1秒でも目を離した隙にお茶がダァ~っとカーッペットに流れていたり。。スプーン持って自分で食べたがるけど、持たせたら最後。かれこれどのくらいゆっくり食事をしていないだろう。わたしはいつもどんぶりにごはん、おかず、全部のっけて立ちながらスプーンでかきこんで終わる。腰を下ろしてのんびりと~なんてしてる暇はない!食卓は戦場ですから(笑)
そしてまた我が家の娘たち(3歳と1歳)はなかなか寝ない。3歳の長女は、0歳時の時から全然寝てくれないのが悩みだった。「たくさん疲れさせたら寝るわよ~。」「幼稚園行くようになったらねるわよ~。」と言われ、期待した私がばかだった。4月から幼稚園に行きだしたが、ね・な・い!!よくまあ昼寝もせず、23時まで体力があるわと逆に感心する。こっちが限界なんですけど(泣)
毎日毎日、朝起きてから寝るまで、同じことして同じこと怒ってイライラしたりばかりだけど、子供が眠りについて、その寝顔を見てるととってもかわいくて愛おしくて幸せ。それが子育てって不思議だなあと思う。
怒った時には心に余裕がないから考えれなくなっちゃうけど、その日怒った事を寝顔を見て後悔する日々。明日はもっと優しくなろう。広い心でゆとりある育児を楽しもう!そう心に決めるのだけれど、また朝が始まると怒鳴ってる(笑)
こんなバタバタな毎日も、ほんと数年しかなくて、あっというまに二人とも大人になってしまうのだろうなと、最近思う。
自分の時間がなくてイライラして、早く成長してしまえ~!と思うけど、手から離れてしまったら今度は寂しくて「どこにも行かないで~!」なんて子離れできずに言ってそうな気がする(笑)

2歳の女の子

子どもを産んでからは自分にとって良い意味でも悪い意味でも驚くことの連続でした。

産まれたばっかりの赤ちゃんはとても小さくてでも意外と力強くて新生児でもオムツを替える時は足で蹴られまくるので必死でした。

家事と育児の両立が上手くできずイライラしたり…主人に八つ当たりしたり…最初はなかなか気持ちに余裕がなくいっぱいいっぱいでした。

今から考えれば家事なんて少々手を抜いたって死にはしないんです!

だいたいでいいんです。そう!適当で十分なんですよね。

首が座って少しずつ外の空気に触れさせようと外に出ればたくさんの人に声をかけてもらえましたが、

中には育て方をいきなり注意してくる方なんかもいらしたりして…産後うつになるかと思うくらい気が立ってしまいました。

それでもやっぱり子育ては楽しい事の方がたくさんあります。

初めて寝返りを打ったこと、お座りができたこと、立っちができた日、歩いた日、しゃべった日どれも今まで生きてきて感じた事のない幸せです。

子育てしながら、自分の親もこんな気持ちで私を育ててくれたのかなと思うと今まで以上に感謝の気持ちと両親を大切にしたいと思うようにもなりました。

今、娘はイヤイヤ期の真っ最中で何をしても何を言ってもイヤイヤ…

叱ればどこであろうと関係なく大泣きして外出先で困ってしまうこともしばしば…

時には白い目で見られてしまうこともありますが、外で娘が泣いているとご近所のおじさんが一緒に手を繋いで歩いてくれたり、

がんばれ~!と、励ましてくれたり…娘が産まれてから周囲の方にたくさん助けられて今があります。

あんまり激しくイヤイヤされると産まれたばっかりのただ泣いて寝転がってるだけだった娘が少し恋しい気もしますが、

自己主張が出来るようになりいろんな事に興味を持って目を輝かせている娘を見るともっともっと楽しいことを体験させてあげたいなと思います。

だって、イヤイヤ言いながらも毎日一緒に過ごせる時間なんてきっとあっという間に過ぎてしまうから。

今は大変だなと思う時があってもきっとこの先1番幸せな思い出になるんじゃないかなと思っています。

思いっきり抱きしめて大好きだよと伝えると娘も力強くて 抱きしめてママ大好きと言ってくれます。

どんなに疲れていてもこの一言でまたがんばれちゃうから不思議ですよね。

これからもいつまでママが1番でいられるのかな?いつまで抱きしめてくれるかなと思いながらかけがえのない時間を大切に子供と向き合っていきたいと思います。

7歳と3歳

もともと結婚にもそんなに興味はなく、なんとなく、断る理由もなく結婚しました。当時していた仕事が好きだったので、辞める気もなく、子供はいらないかな…と思っていました。
結婚して2年で子供ができました。不思議なもので、お腹が大きくなるにつれて、愛おしく思い仕事を辞めて育児に専念することに抵抗はありませんでした。出産は大変ではなかったけど、とにかくつわりが酷くて、もう生むものか!と思ったことを覚えています。
長男はとにかく甘えん坊でずっと抱っこちゃんでした。ベッドに置いた途端に大泣きをするので、夜中も抱き続け、腰と首の筋を痛めました。未だに痛みがあります。
子供はもともと好きだったので、子育てを苦痛に感じたことはそんなにありません。抱っこするのも、夜泣きするのも最初の3年、10年後はきっとまともに口も聞いてくれなくなってる、と思い、割り切ったら楽になり、楽しく過ごせました。
引越しをして、新しい環境に移ったのは、息子が1歳半の時。周りに誰も知り合いがいなくて、孤独感を味わいました。子供にも友達が必要!と思い、育児サークルやベビースイミングを始め、ママ友を作ろうと必死でした。今思えば、そんなに頑張らなくても子供は幼稚園や小学校に行けば自然と気の合う友達を作るし、私の方も自然に気の合うママさんと仲良くなれたので、必死になる事もなかったかな、と思います。
息子が幼稚園に入る直前に娘を出産しました。息子の幼稚園の準備に追われて、娘にはそんなにかまってあげられませんでした。でも、娘もそれをわかっていたかのようで、泣いて抱っこをせがんでくる事もそんなになかったかなと思います。
娘が生まれても、生活の中心は息子で、参観日や遠足は娘を連れての参加でした。こんな感じで付き合わされていれば、2番目の子はたくましくなると言われるのには納得できます。同時に、娘が生まれた事で、息子には我慢をしてもらわなきゃいけない事も増え、かわいそうな思いをさせてきたと思います。好きでお兄ちゃんになったわけではないから…今でもときどき思います。兄弟ゲンカをした時についついいってしまうのが、「お兄ちゃんなんだから!」の一言。できるだけ言わないようにはしてるのですが、言ってしまってからハッとする事もあります。
息子が小学校に入っても、やっぱり生活の中心は息子で、息子の事ばかり気になってしまいます。だから長男は神経質になってしまうんでしょうね。これからもきっと、自分で気を付けないと、長男の事ばかりになってしまいそうです。息子と娘を平等に!これからの育児のテーマになりそうです。

8歳と10歳

私がママになって10年。現在二人の男の子のママですが、
おなかの中にはもう一人男の子がいます♪

独身の時から「女の子のママになるっぽいよね」と
言われ続けた私が、まさか三兄弟のママに
なるとは思ってもいませんでした(笑)

男の子を育ててみると、とにかくママっこ。長男は特にです。

学校に行く時のハグは欠かさないし、
いってらっしゃいのチューも必須です。
もう10歳だし、そろそろべたべたするのは卒業したほうが
いいのかな・・・とも思いながら、長男からしてくる間は
本人に任せようかな、とも思ってみたりしています。

次男もすごく優しくて、さすが二番目ということもあり
要領もいいんですよね。
私の中では次男は最後の赤ちゃんだという思いで
育ててきたので、いざ3人目が宿っても
どうも次男が赤ちゃんという感覚がなかなか抜けません。

息子たちが幼稚園の間は、子供だけで
外遊びをすることもなかったし、
同じ幼稚園のお友達と遊ぶこともあまりなく
兄弟で家の中で遊ぶことがとても多かったのですが、
小学校に入り、家の周りにお友達が
たくさん住んでいる地域ということもあり
外遊びがとにかく活発になりました。

住宅街に住んでいるので、町内に公園が5つほどあります。
最初はA公園!と決めて遊びに行っていても、
友達にB公園に行こう!と誘われると行ってしまいますし、
一体どこで遊んでいるのだろう・・・
と心配になってしまうこともあります。

男の子だし、遊びから学ぶことは
たくさんあるということもわかっているので、
あまり口出しはしたくはないのですが、
どうしても心配になってしまうので
自分は周りのお母さん方よりも過保護なのかなぁと
気になってしまいます。

あと、学校から持って帰ってくる宿題に手を焼いています。
日々の宿題も、長男はもう高学年ということもあり
量が去年より増えてこなすだけでも大変な上に
習ったばかりのものだと算数のやり方など
覚えてないことも多くて・・・
結局私が教えるはめになるのですが、
先生と違うやり方を教えてしまうと混乱するだろうし、
どうやって教えたらいいものか頭を悩ませています。

毎年春ごろにだけ書店で販売される教科書ガイドなる
3000円くらいするテキストを購入し、
どう教えたらいいものか日々私も勉強しているところです。
まさかこの歳になって小学生の勉強をやり直すことになるとは(笑)

恐ろしいのは日々の宿題だけではなく、夏休みの宿題もです。
自由研究なんて、子供というよりももう親の宿題だと
ママ友との間でも悩みの種となっています。
今年はどんなネタにするのか、今のうちから
少しずつ考えていかなくては・・・

34歳ママの体験記

小学生と幼稚園児がいます。
上の子はちょっと反抗期に差し掛かってきたようで、ぶつかることが多くなってきました。
間違っていること・危ない事・やってはいけないことをその都度教えていますが、息子も納得できないこともあるらしくぶつかります。
生まれてきてくれた時は、元気に生まれてきてくれたそれだけで十分だと思っていましたが、やはりそうはいかなくなってきます。
毎晩子供たちの寝顔を見ては明日は起こり過ぎないようにしようと反省の日々です。
先日、小学校の運動会の代休があり、久しぶりに上の子と二人っきりで過ごしました。
下の子が幼稚園から帰ってくる数時間と短い時間。何をしようか考え、息子の好きなことをやらせようと決めました。
運動会で頑張ったご褒美も含めお小遣いを渡し、その中でできることを考えやりくりするようにしました。
何に使うのか大体の予想はできていました。案の定真っ先にゲームコーナーへ。
いつもはゲームをやらせない我が家ですが、今回は特別です。
お目当てのゲームを3回し、まだやりたそうでしたが残金が少ないことに気づき名残惜しそうにゲームコーナーを後にしました。その後どう使うのか私は口を出さずにいました。すると、妹のお土産を買いたい!と言い出したのです。決して多くはないお小遣いの中で妹の事もちゃんと考えてくれていた事が嬉しく思いました。妹が好みそうな物をいろいろ見て回りましたが、予算オーバーで購入できず。結局クレーンゲームのお菓子にしましたが、妹は喜んでくれるか何度も私に確認する姿がとてもかわいかったです。
その後大好きなラーメンを食べました。その時に撮った写真を主人の携帯に送ったところ「すごく嬉しそうだね」との返信。私まで嬉しくなりました。
帰宅後妹にお土産を渡し喜んでくれた!と嬉しそうに報告してくれました。
帰宅後の主人にも一日の出来事を細かく話、寝る間際には「今日はデートしてくれてありがとう。本当に楽しかった」と。親ばかですが、あーいい子に育ってるなと思ってしまいました。
これから成長するにつれて、きっとぶつかることもたくさんあると思います。そんな時は今回みたいに、たまには二人っきりで甘やかし話をたくさんする時間を設けようと思いました。
日々の生活の中で、忙しく育児をしているとなかなか子供の成長をゆっくり感じ取ることが難しいですが、その時その時の子供たちをしっかりと受け止め親子で成長していきたいと思います。子供たちの笑顔が一番の宝物です。

40歳ママの体験記

かわいい息子が10ヶ月をむかえ、今つかまり立ちができるようになったところです。とにかく今の時期は毎日新しい発見があり、子育てが楽しくて楽しくてしょうがありません。
私は高齢出産なので、出産前は若いママには必要のない検査を色々受けることになりましたが、幸い元気な男の子を出産することができました。生まれた時は、3,400g、55kgでしたが、体重が毎月1kgずつ増え、8ヶ月後半で10kg台にまで到達してしまいました。見た目はどう見ても1歳半~2歳ぐらいの大きさなのですが、実はまだ10ヶ月。大きいだけではなく、病気も1度もしたことがありません。寝ぞうが悪いので、すぐに布団を蹴ってしまうのですが、風邪も引きません。それと、夜鳴きもありません。
こんなに育てやすい子で本当にいいのだろうか?と思うくらい、手のかからない息子なのです。他のママと会うこともしばしばですが、皆さん夜鳴きに悩まされたり、すぐに病気になってしまったりで、大変そう。
最初は6ヶ月ぐらいから、私も仕事に戻ろうかとも考えていました。でも、やっぱりこんなにかわいいわが子を6ヶ月という早い段階で預けるのに抵抗を感じるようになり、今も専業主婦として子育てをしています。
まだきちんとした言葉を発することはありませんが、私の言っていることは理解できていますし、名前を呼ぶと、ちゃんとこちらを向いてくれます。手のかからない子とはいえ、活発な男の子で、外で遊ぶのが大好き。お天気の良い日は毎日散歩にでかけるのですが、公園で自分が思うように動けないのがもどかしいのか、他の子供たちが走り回っている様子を見てうらやましそうにしています。今の息子のお気に入りはブランコ。赤ちゃん用のブランコで楽しそうに遊ぶのが日課となりました。
今私は第2子を妊娠中で、現在8ヶ月後半です。高齢出産+年子ということで、お医者さんも周りもびっくりしていますが、特に問題なく順調に過ごしています。次は女の子が産まれる予定です。息子も自分に妹ができるのがわかったのか、私のお腹をポンポンたたいてニコニコしています。
普段は本当に落着いた良い息子に恵まれて、私たちは幸せ者だと思います。次に産まれてくる妹も、息子同様に手のかからないことを祈っています。
2人だった生活が急に3人になり、今もう4人になろうとしています。息子の顔を見ていると、今でも時々、自分が産んだことが信じられない時があります。でも、あの出産の痛みは忘れられるものではありませんね。だけど、今度2人目を産もうとしている私。痛いのは嫌だけど、こんなにかわいい子に巡り会えるのだから耐えられるのかもしれません。

29歳ママの体験記

今2人の子供を育てていますが、子育てって本当に難しいなと思います。3歳のお姉ちゃんは、女の子でおせさんなので、口が本当に達者で頑固な性格なのでなかなか言うことを聞いてくれません。ある程度何でも理解出来ているのですが、弟ばかりかまうと嫉妬して、ハイハイしたり抱っこして欲しいと行ったり、赤ちゃん返りしています。

近所のお友達とも仲良く遊べる時もあるのですが、けんかもたくさんしています。お互い譲らなかったりするので、どうやったら受け入れやすいかな?と考えながら話すのは苦労します。お友達との関わり方は、子供どうしで解決していくしかないのかなと思って、出来るだけ見守るようにしています。でも怪我させてしまったりすると大変なので、常に目が離せません。

最近は、ごっこ遊びにハマってるみたいです。プリキュアごっこやおままごとがお気に入りみたいです。また、お菓子を食べたりお茶を飲んだりしてプチ女子会もしています。今の子はすごいなぁと感心してしまいます。仲良く遊んでくれると親も安心できるんですけど、なかなか難しいですね。

弟が生まれてちょうど1年がたち、お姉ちゃんらしく振舞ってくれることもあるけど、まだまだ甘えたいお姉ちゃん。どうしても歩き始めてまだまだヨチヨチ歩きなので目が離せず、ご飯も食べさせてあげないといけないし、弟にばかり手を取られてしまいます。弟のことはかわいいけれど、今まで自分だけを見てくれていたのに、みんな弟を可愛がっているのが気に入らないというか、寂しいようです。パチンと叩いてしまったりするお姉ちゃん。必死に自分に目を向けて欲しいと訴えているのかなと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

ママもまだまだママ3年生。娘と一緒に少しずつ成長していかないといけないなと思います。成長すればするほど、とても嬉しい反面、分からないことや困ったことも出てきます。そんな時は、近所のママ友や同じ年代の子供を持つ親同士で悩みを共有しています。1人で考え込んでしまうとすごくしんどいけど、周りに聞ける人がいるだけですごく気持ちが楽になります。

これからもたくさん悩み事が出てくると思います。今の悩み事は、お姉ちゃんのお箸の練習をどうやって進めるか?とお友達との関わり方についてです。弟は、少しアレルギー体質のようで、大人と同じメニューをあげようと思うのですが、卵をあげるとブチブチが出たりするので、どうやって離乳食から幼児食にシフトしていくかです。悩みは尽きないけれど、こんなに子供と関わる時間が長いのも少しの間だと思うので、思う存分楽しみたいと思います。